喜多方ラーメン 坂内 宇都宮店

 ミニ炙り焼豚ご飯セット

 喜多方ラーメン 坂内 宇都宮店

 栃木県宇都宮市北若松原1-16-13
 https://ban-nai.com/

今日は気楽にラーメンを食べたい気分だったので(笑)、チェーン店にでも行ってみようかと思い…。せっかくなので、1週間前の一杯と食べ比べをすることにしました。
だいぶ前からあるお店ですし、さすがに空いてるだろうと思って伺うと、11時の開店直後からすでに中待ちが…。日曜日の昼ではありましたが、すごい人気なんですね~(゚∀゚)

こちらは『坂内食堂』の姉妹店という扱いですが、結論から言うと「喜多方ラーメン」は本店とは別物でした。
まず、スープは本店のような塩味ではなく、醤油。
麺はこちらのほうがもっちもち。
チャーシューは本店のような薄味ではなく、しっかりした味付け。
いずれも万人受けしそうな食べやすい味わいになっています。
炙り焼豚ご飯もこってりした味付けで、若者にも満足してもらえるようになっていたし…。

なるほどなぁ~と思いました(^^♪
こちらの『坂内』は、こうした変化で喜多方ラーメンを全国に広める一端を担ってきたんでしょうし、今も人気であり続ける理由がよくわかりました。

美味しかったです。ごちそうさまでした。
やっぱり、昔ながらの味と万人受けするチェーン店の味とでは、それぞれの良さがあって、どちらがいいとは言い難いですよね~。
これって、石川県民なら特にわかりやすいのではないでしょうか!!?(笑)

10件のフィードバック

  1. なるほど~って記事を読んでいて感心しました(^O^)

    進化?変化?はこういう感じで少しずつ始まっていくんですね♪

    • まあ、最近はどんどん新しいラーメンが出てきて、こちらのラーメンもクラシカルな一杯でもありますけどね~。
      老舗の味もどれだけ昔と同じなのか、けっこう興味があります(^^)

  2. そう、かわった味じゃなく誰食べても美味しい一杯が一番無難な味、

    • やっぱり無難な味の人気は落ちませんよね。
      8番も中待ちができるお店が結構ありますからね~。

  3. 私も、「なるほど~」っておもいますね。
    想像できます、言いたいことが。

    日本全国?いろんなところに喜多方ラーメンのお店ってあるけど、
    喜多方にある喜多方のラーメンって違うんだよなあ・・・たしかに (*^-^)

    • そうなんですよね~。
      ちなみに、喜多方ラーメン自体は、平打ち熟成多加水麺が特徴ではありますが、スープもいろいろあって決まったスタイルはないようですけどね。
      全国各地ではさらに変化したスタイルもありそうですね(^^♪

  4. なるほど!ですね(^^)
    昔と変わらず頑なに味を守ること、時代のニーズに応えて柔軟に対応していくこと、相反することですが、どちらも大切なことですね
    坂内さんて塩味だったのか…(^^;)

    • 坂内食堂さんがほぼ塩味だってことを、私も本店に行って初めて知りました。
      坂内の創業者さんは、坂内食堂で修業をさせてもらい、なんとか姉妹店を出すことを承諾してもらったようですが…。
      逆に今は、坂内食堂の息子さんが坂内で勉強している、とどこかに書いてあったような…。
      そういう意味で、頑固さと柔軟性を併せ持つ稀有な存在ですよね~。

  5. ひとくくりに「喜多方ラーメン」といっても、いろんな味がありますからね~^^
    それにしても基本的に同じ店名を使っていて、オリジナルな味と全国に普及させる味を
    違えてるのは考えてますね~^^
    喜多方まで出向いて本店で食べるという楽しみもありますしね~^^

    • そうなんですよ~。
      全国チェーンの坂内を創った社長がきっと魅力ある人なんだと思いますが、筋の通った坂内食堂の創業者を納得させてWin-Winの関係を築いたわけですからね~。
      これはかなり面白いですよね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする