中華そば 佐藤ラーメン店 2

タン麺とりチャーシュー麺

中華そば 佐藤ラーメン店

 栃木県真岡市久下田1716

栃木県のラーメンを紹介する内容で、石川県の皆さんにも人気のブログと言えば、サラ アルフレッドさんのYahoo!ブログ。石川と栃木を行き来している私にとっては、とってもうれしい存在なのです(^^♪

そんなサラ アルフレッドさんの最新記事がこちら(ヤフブロは終了予定ですので、リンクはアメブロです)

私の大好きなお店だったので、たまらず行ってきました!(^^)!
私がこのブログを書きだした頃の記事はこちら
実に3年半ぶりの訪問でした。

こちらは昔ながらのラーメンを変わらずに提供し続けているお店なのですが、朝から暑かったにもかかわらず、今日も大人気!
ウェイティングリストに名前を書いて、しばらく外待ちしました。

注文したのは、いつもの「タン麺」。
基本的にメニューは醤油、味噌、塩の三択で、塩はタンメンです。

このタンメンが、ほっこりする味わいで実に美味いんだなぁ~。

たっぷりの野菜(キャベツ、もやし、にんじん、ピーマン、玉ねぎ)、豚コマ、きくらげと炒めたスープは、具材の旨味がたっぷりでじんわりきます。一方、ラー油がたらしてあるので、いい感じにパンチもあります。
これにトッピングとして、鶏チャーシュー、メンマ、ねぎがのっており、麺量も多めなので、今日もお腹がいっぱいになりました。
でも、麺以外は基本的に野菜と脂のない鶏チャーシューですから、これだけたくさん食べても罪悪感がないんですよね~(笑)

麺は柔らかめに茹でられた中くらいの麺。
若いころだったらイマイチに感じたかもしれませんが、歳を重なるにつれて、この麺とスープの優しさがじんわりとくるんです。

こちらは妻が食べた「特製チャーシュー麺(豚)」。これまた、いかにも昭和の中華そばですね。鶏チャーシューも美味しいですが、この煮豚もなかなかなんですよ~。

今日もとっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
いつ食べても心が安らぐ昔ながらのラーメン…。実際に、今日も70代、80代(あるいは90代?)のお客さんがけっこういらっしゃいました。
金沢ではラーメン文化の歴史が浅いから今は仕方ないにせよ、われわれがその年代になる20年後、30年後には、金沢でも同じような光景が見られるのかなぁ? そう言えば、富山はどうなんだろう?? なんてことを考えながら、ほっこりした気持ちでお店を後にしました(^^♪

6件のフィードバック

  1. 画像では鶏チャーシューが上に乗ってるから、野菜がたくさん入っているように見えないんだけど。。。優しい塩味のタンメンは美味しいんだろうな~♪
    ラーメン食べて罪悪感がないっていうのはいいね(笑)

    • そうですよね~。この写真だけでは、野菜も麺もかなりあるのがわからないですね(^-^;
      でも、ボリュームはかなりあるんですよ~。隣の近県からわざわざ来たと思われる夫婦は二人で大盛りを頼んで、美味しいといいつつ、やはり食べきれませんでしたよ。
      罪悪感がないのはいいのですが、体重はしっかりと増えますよ(笑)

  2. サラ アルフレッドさん記事でよく見る関東の美味しい一杯やね~
    コチラのって金沢の昔ながらに、よく似てますがどうなんでしょう??
    味玉がゆで卵ってのもイイね~(^-^)/

    • 醤油ラーメンは醤油がしっかりとしてましたので、金沢よりは富山のほうが近いかな??
      でも、優しい味わいなので、その点では金沢のほうが近いですし…。
      いずれにしても、昨日のディーオンさんの一杯もそうでしたが、昔ながらのラーメンもいいもんですよね~(^^♪

  3. タンメンて時々食べたくなります
    いつ食べてもほっこりするんですよね(^^)
    石川にはタンメンぽい8番があるからなかなか普及しないですけど(笑)

    罪悪感ないって仰ってますけど、けっこう量ありません?(^^;)

    • そうそう、この一杯、量的にはなかなかヤバいんですよ~(^-^;
      まあ、アブラがないので食後のもたれはないのですが、腹持ちはかなりです。

      8番の野菜らーめんは、まさしく作り方からしてタンメンですからね~。
      実は石川でもメニューにタンメンのある店が少なくないのですが、存在感が…(^-^;
      確かに、それなら8番を食べようってなってそうですね!!(笑)

      あっ、そうか!!
      8番は高齢の方にも人気ですよね、きっと。
      8番のことは忘れてましたね~。やっぱり、8番はラーメン店というよりも8番ですからね!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする