ラーメン 凪 大宮東口店

煮干ラーメン

 

ラーメン 凪 大宮東口店

 

埼玉県さいたま市大宮区大門町1-24-1

http://www.n-nagi.com/

 

20161010日(月) 1532

 


新宿ゴールデン街の有名店『すごい!煮干ラーメン凪』がチェーン展開を始めて、大宮に豚骨ラーメン専門店を出したのは知っていましたが、いつの間にか大宮店でも煮干ラーメンが食べられるようになっていたんですね。という訳で、凪の煮干しを初体験してきました。

 

券売機でチケットを購入後、壁に面したカウンターに座ると、隣との完全な仕切りはないものの、何となく個室のような雰囲気です。各席に飲水用の蛇口やタッチパネルが設置してあり、チケットのバーコードをカメラにかざして注文します。その際に、麺の硬さやスープの濃さ、トッピング(辛さ、ネギ、叉焼、油)が調節できるという画期的なシステムでした(今回はすべてデフォルトのままで注文しました)。

しかも、「空飛ぶラーメン」というラーメンが座席前のレーンに自動で運ばれてくる仕組みまであって、ここまでくるとさすがにちょっとどうかと感じてしまいました。やはり、ラーメン店では店員さんとのやりとりに慣れていますからね…。

 

ラーメンは、まず、煮干しの香りがすごい。とってもいい香りです。でも、スープは思ったよりもぜんぜんニボニボしておらず、むしろ醤油が全面に出ています。ニボニボした灰色のスープを勝手に想像していたので、ちょっと拍子抜けでした。

 

麺は結構な太さの太ちぢれ麺。硬めの茹で加減で、食べ応えがかなりありました。凪の特徴である3㎝はありそうな幅広の薄い麺「いったん麺」のピロピロした食感とのコントラストが楽しかったです。

 

大きな薄めのチャーシューは豚を主張してきて美味しいのですが、煮干しにはどうかと思いました。田作のような小魚や辛ダレ、味の強い葱もそれぞれ主張が強く、どれも負けていませんでした。このラーメンにはこれで良いと思いますが、この日の私はできれば煮干しそのものにどっぷり嵌りたかったので、その意味ではちょっと残念でした。

 

液晶パネルでは、ルーレットくじまであって、国内全店舗で使用できる無料トッピング券が当たりました。

いろいろと面白いお店でしたね。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする