ラーメン専科 竹末食堂 10

 会津地鶏油と熟成醤油を楽しむ油そば
 & 会津地鶏の鶏油卵かけご飯

 ラーメン専科 竹末食堂

 栃木県下野市薬師寺3311-64
 http://dzh-takesue.com/shopinformation-takesueshokudou/

この日も偶然、月1回(毎回、2日間?)の“会津地鶏の日”だったので、前回の「会津地鶏の中華そば(醤油)」にひき続き、「会津地鶏油と熟成醤油の油そば」(税込み850円)をいただいてきました。後からメニュー名に“楽しむ”を加えたのは、きっと小池店長ではなく、竹末店主かな?(゚∀゚)
このメニューは、コロナ禍のテイクアウト用としても開発されており、17時半すぎに入店すると、当日の日中に予約を受けつけたテイクアウト用油そばを次々と料理中でした。18時受け取りの人が多く、20杯ちかくあったように思います。さすが、人気店ですね~(^^♪ それでも、注文から着丼まで20分しか待たせないのがすごいです!(しかも、遅くなってすみませんと何度も謝られました。)

油そばは、まずは竹末らしい素敵なビジュアル。これをよく混ぜ混ぜしていただきます。
思いのほか、油がしっかりしていますが、これは混ぜそばではなく、油そばでしたね。油がいいのと、甘めの醤油とのバランスが絶妙なので、油っこすぎず、とてもいい感じ(^^♪
そして、何といっても麺が美味いです!(^^)!
いろいろなトッピングの味わいを楽しみながら、最後まで飽きることなく完食しました。

そして、“本日のご飯もの”である「会津地鶏の鶏油卵かけご飯」(税込み380円)も注文。基本的に、油そばと丸被りなのですが、チャーシューが煮豚とレアで大きく違うのと、ご飯は生卵の味わいメイン、油そばは鶏油(&熟成醤油)の味わいメインとまったく雰囲気が違うので、こちらも存分に楽しむことができました(^^♪

美味しかったです。ごちそうさまでしたm(_ _)m
ラーメンの美味しさはもちろんのこと、調理のキャパシティーや接客もすばらしく、やっぱりこちらはいいお店ですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする