『栃木のおいしいラーメン63』 あれから12年

 『栃木のおいしいラーメン63』 (下野新聞社)


私に栃木のラーメンを楽しむ切っ掛けをくれた、先駆的なラーメンガイド本です。
この本が発行されたのは2003年末。
著者はTVチャンピオンのラーメン王 小林孝充氏です(ご存知の方も多いと思いますが、小林氏は宇高卒でメンサ会員という秀才です)。

先日、本棚にあるのを見つけて久々に眺めてみました。
実のところ、行ったことのないお店が大部分でした。
栃木はもともとラーメン店が多いにもかかわらず、最近は美味しいラーメン店が次々と新規開業していますので、12年経った今も人気のお店はかなりレベルの高いお店なのだろうなぁ、そんなお店には絶対に行ってみるべきだなぁとの思いが浮かんで… 実際に現状を調べてみました。

正確かどうかはわかりませんが、ネットで集めた情報で判断した限りでは次のとおりでした:

63店舗中  
 現在も開業中のお店(県内の移転を含む)  43件
 店名を変えて開業中のお店  3件
 他県へ移転したお店  2件
 閉店したお店(別店舗が存続中のお店を含む)  15件
 
というわけで、閉店していたのは15店舗(23.8%)のみであり、そのうちの少なくとも何店舗かは店主の高齢化が原因ですから、案外、存続しているお店が多かったです。
さすがは小林本で紹介されたお店ですね。
機会があれば、ぜひ伺ってみたいと思います。

ちなみに今回、調べている中で初めて知ったことが2つありました(ラーメンに詳しい皆さんには常識なのでしょうが…)。

1.比較的近所にあって、以前、何度か行ったことのある「らー麺バカ一代 大晟(上三川町)」がなくなっていた
 かなり今更??なのですが、あの道はほとんど通らないもので…。何と閉店は10年前!(苦笑)
 店主は「らー麺 藤原家(上三川町)」を新規オープンし、その後、「らー麺 彩羅(宇都宮市)」もオープンしています。藤原家にはそうとも知らず、何度も通っていました。

2.小山に聞いたことのない美味しそうなラーメン店「くいしん坊!万才」があった
 小林氏やネットの評価が高かったこのお店。閉店する前に行ってみたかったなぁ、と思って地図をよく見ると、あれっ? 店主は吉田さん?? な~んだ、今や超有名店で私も大好きな「吉田商店」ではありませんか。あの美味しいラーメンにはこんな歴史があったんですね。どうりで…と独り納得しました。

これまでラーメンはただ食べるだけだったので、本当に知らないことだらけです。
当然ながら、ラーメン店にも、メニューの変更はもちろんのこと、閉店や店名の変更など様々な移り変わりがありので、このブログに少しでもラーメンの思い出を記録して、後から見ても楽しめるようにしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする