中華そば 桜三四郎

パイコー麺(しょうゆ)

 

 中華そば 桜三四郎

 

  石川県金沢市高尾南3-7

 

 2016106日(木) 2150

 



駐車場が入りにくく、これまで敬遠していたお店ですが、昨夜は車が止まっていなかったので初めて伺うことができました。

 

注文したのは「パイコー麺」。スープは醤油と塩から選べたため、醤油にしてみました。また、遅い時間だったこともあり、何とかの?麺がなくなってしまったと言われました。

 

オーソドックスな中華そばに、立派なパーコーがどんっとのっており、メンマに2種類のネギ、パーコーの下にはもやしがトッピングされていました。

ベースは「中華そば」なんだと思いますが、メニューによると中華そばは昭和2030年代のスタイルを追求しているとのことでした。でも、その当時は、こんなに美味しいラーメンは食べられなかったと思います、きっと。

 

スープはあっさりながら、鶏ガラベースの出汁がしっかりと効いており、最後まで熱々。

太さは中、ややウェーブした麺は、普通に美味しい。

パイコーはヒレ肉でしょうか。脂身はなく、きめ細やかなあっさりした肉質で、カラッと揚がっており美味しいです。カレー(というよりガラムマサラ?)の風味がほのかに香り、ちょっと不思議に感じました。スープが優しい分、このスパイスはちょっと煩いかな。

でも、パーコーって本来は五香粉(またはカレー粉)を使う料理なんですね。今回、調べて初めて知りました。

 

スープはあとをひく美味しさで、レンゲですくっているうちにやめられずに完飲してしまいました。とてもおいしかったです。

ご主人の接客もとても丁寧で良かったです。

今度は、店名を冠した塩ラーメンや白黒ダブルごまの味噌ラーメンもぜひ食べてみたいですね。

なお、食べログやRDBでは木曜日定休となっていますが、最近の情報誌では月曜定休、もっと新しいのでは不定休となっており、この日は木曜日でしたので、今は不定休が正しいのかな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする